【NHK】ドラマ太陽の子の三浦春馬代役はどうなる?放送・中止・延期について調査してみた!

どーも、kazuです。

突然、三浦春馬の悲報が飛び込んできました。

あまりにも、急なニュースで信じられませんでした。

 

三浦春馬といえば、日本を代表する役者の一人でストイックにこなす姿が印象的でした。

また、戦争映画やドラマにも良く出ていたのを思い出します。

 

今回は、そんな戦争ドラマの「太陽の子」について書いていきます。

この記事は、

  • 三浦春馬が好きな方
  • 太陽の子を楽しみにしていた方

におすすめです!

 

この記事を参考に、太陽の子の放送日を待ちましょう。

スポンサーリンク

【NHK】ドラマ太陽の子の三浦春馬代役はどうなる?

結論から書くと、太陽の子の撮影は既に終わっており、事前試写会等も行われている事から三浦春馬の代役は立てずに撮影されたままを放送されると思います!

 

代役をたてない理由として、撮影が既に終わっている点があげられます。

撮影途中の場合、代役を立てて撮影をする必要がありますが、今回の太陽の子は、既に撮影が終わり事前試写会も行われているので代役は立てずに撮影したままを放送するはずです!

 

三浦春馬の悲報はショックでしたが、太陽の子は手を加えずに撮影されたままの物を放送してもらいたいです。

 

生前、三浦春馬も下記のように述べています。

散る事を見据え、残された日々をどう過ごすべきか…
家族に対して気丈に振る舞う学徒出陣兵がどれだけ辛かったか…
若くして、自分が居ない未来に希望を託す青年の想いを役を通して考えさせられました。
世界で唯一の被爆国の日本ですが、この作品を多くの人にご覧いただいて、今まで以上に日本が平和と希望を願える美しい国になるよう祈ります。

引用:NHK

 

この思いを汲んで、一人でも多くの人に見てもらい平和についての尊さを改めて知る機会にしてもらいたいです。

スポンサーリンク

太陽の子の放送が中止や延期になる可能性は?

あまりにも急な三浦春馬の悲報だった為、放送予定の詳細は出ていませんが延期や中止の措置はとらず当初の予定通り、終戦記念日の8月15日に放送されるはずです!

 

理由として、作品は既に出来ておりまた作品の内容の性質上、延期をするのではなくこの8月15日という特別な日に放送する事が大事だからです。

 

太陽の子の放送予定日はこちら↓↓

配信 NHK総合

BS4K

BS8K

放送予定日 2020年8月15日(土) よる7時30分から8時50分

スポンサーリンク

太陽の子の詳細情報

太陽の子の詳細情報はこちら↓↓

配信 NHK総合

BS4K

BS8K

放送予定日 2020年8月15日(土) よる7時30分から8時50分
作・演出 黒崎博(NHK制作局)
音楽 Nico Muhly
出演 柳楽優弥

有村架純

三浦春馬

三浦誠己

宇野祥平

尾上寛之

渡辺大知

葉山奨之

奥野瑛太

イッセー尾形

山本晋也

國村隼

田中裕子

制作統括 土屋勝裕

浜野高宏

山岸秀樹

 

あらすじ

戦時下の科学者の苦悩を描く青春群像劇

第二次世界大戦末期、京都大学の物理学研究室に海軍から下された密命は、核分裂のエネルギーを使った新型爆弾を作ること。核エネルギーの研究を進める一方で、科学者として兵器開発をすすめるべきなのか苦悩する研究者たち。研究好きの石村修(柳楽優弥)は、純粋に実験に取り組もうとするが、時代の波に翻弄されていく。弟の裕之(三浦春馬)もまた、戦争の真実に向き合わざるを得ない。そして、兄弟が秘かに想いを寄せる朝倉世津(有村架純)は未来を語ろうとするが・・・。戦争に翻弄された若者たちの悲劇の物語。

引用:NHK

 

図らずとも、三浦春馬の遺作になったので一人でも多くの人に見てもらい少しでも今の自分達の幸せを作ってくれた若者たちがいた事の重大さに思いを馳せてもらいたいです!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、8月15日に放送予定の「太陽の子」について書いてきました。

終戦記念日という特別な日に放送予定の戦争ドラマですが、一人でも多くの人に見てもらいたいです。

 

主演の三浦春馬の悲報が入った事で放送予定がどうなるのかを書いてきましたが予想ではありますが無事に放送されると思います。

 

理由として、

  • 三浦春馬に犯罪性が無い
  • 既に撮影が終わっている
  • 放送日を変えると内容の意図が伝わらなくなる

点があげられます。

 

三浦春馬の遺作になってしまいましたが、今の自分達の幸せを作るために尊い命をかけた若者達が日本に居た事に思いを馳せて見てもらいたいです!

 

今回も、最後まで御覧いただき本当にありがとうございます。

また、皆さんに楽しんでいただける記事を書いていくので是非見に来てください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました