小学0年生が導入されるメリットは?デメリットも合わせて徹底比較!

どーも、kazuです!

今回は、コロナの影響で問題になっている小学0年生案について書いていきます。

 

元々、国際化に合わせて日本の学校の4月入学、4月卒業を見直して、9月入学、9月卒業を検討するという案があったのですが今回のコロナの影響でより現実味をおびてきました。

 

小学0年生という響きだけ聞くと、ネガティブなイメージを持ってしまいがちですが、コロナの影響でまともに学校に通えなかった子供達がいるのも事実なので、メリット、デメリットどちらもあると思います。

 

そこで、今回は、実際に導入された場合のメリット、デメリットについて書いていきます。

 

今回の記事は、

  • 日本の学校が9月入学に移行した場合どうなるか知りたい方
  • 小学0年生について知りたい方
  • 小学0年生のメリット、デメリットを知りたい方

におすすめです!

今回の、記事を参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

小学0年生のメリットとデメリットを比較!

ここでは、小学0年生のメリットとデメリットについて書いていきます。

小学0年生案は、9月入学への移行案の1つとして提案されています。

 

現状の案の新入生対象は、

2014年4月2日~2015年4月1生まれの年長さんと2015年4月2日~2015年6月1日生まれの年中

さんになります。

 

決定案ではありませんが、可能性があるのでどういったメリットやデメリットがあるのかを書いていくので参考にして下さい!

 

早速、メリットから書いていこうと思います。

小学0年生が導入されるメリットを紹介!

早速ですが、ここでは日本の学校の9月移行案の1つである小学0年生が導入された場合のメリットについて書いていきます。

 

メリットは、5点あります!

①:学生のグローバル化に対応出来る!

②:休校期間の教育の空白を埋める事が出来る!

③:真冬の受験シーズンを避ける事が出来る!

④:友達を作る機会が増える!

⑤:学校に馴染む期間が増える!

 

これら、5つのメリットについて詳しく書いていきます!

学生のグローバル化に対応できる!

現状の、4月卒入学では海外のグローバル・スタンダードとずれがある為対応しきれていないのが現状です。

新しく予定されている小学0年生案が実現して9月卒入学が日本のスタンダードになれば、海外の学生が日本の大学を進学先に選択できるようになり、また日本の学生が海外への留学が今よりもしやすくなるようになります!

 

実際、今の4月卒入学の場合多くの学生が海外留学をして留年する事を避ける傾向にある為、海外への留学が少ないのが現状です。その為、欧米とおなじ9月卒入学に合わせることで海外留学を選ぶ学生の助けになるので大きなメリットです。

 

休校期間の教育の空白を埋める事が出来る!

コロナの影響で、大幅に教育の機会が失われた学生達にとってはこれが一番のメリットです。

現在、学校が分散再開したり、塾が閉まったり、自宅学習の環境の差により、学ぶ機会が失われています。

そこで、今回の小学0年生案が実際に始まることで、9月卒入業になればコロナの影響で休校になり学ぶ機会を失った期間を取り戻すことが出来ます。

また、入試を控えている学生達にとって焦って勉強をするのではなく余裕を持って取り組む事が出来るようになるので大きなメリットの1つだと思います!

 

真冬の受験シーズンを避ける事が出来る!

9月が卒入学になる事で、真冬の受験シーズンを避ける事が出来ます。

春先に、受験シーズンを持ってくる事が出来て、雪の影響での交通障害や、体調管理の不安、感染症の対策になるメリットがあります!

特に、体調管理の面では、冬場の寒い時期に無理やり受験勉強をする事による体調を崩し受験に影響が出ることを避けられるので個人的には、春先の受験は、良いと思います。

 

友達を作る機会が増える!

次に、小学0年生が導入される事で入学する学生の対応範囲が現在の1年から増える事になります。

現在、提案されている案の対象は、

2014年4月2日~2015年4月1生まれの年長2015年4月2日~2015年6月1日生まれの年中

です。

 

本来であれば、同学年にならなかった子供達が一緒の学年として学ぶ事によって友達を多く作る機会が増えるのでメリットになります!

 

学校に馴染む期間が増える!

通常であれば、4月から入学して1年生として学校が始まるのですが、今回の小学0年生案では、4月に入学した後、9月移行をする為、約5ヶ月間の間、0年生として学校に通う事になります。

 

この、5ヶ月間は、本来学ぶ期間として今まで無かった期間なので今までの学生達よりも、早くから学校に通う事が出来るので、今までよりも馴染む事が出来て、なおかつ、勉強の進め方もより深く学ぶ事が出来るようになるので大きなメリットの1つです!

 

次に、多くの方が感じているデメリットについて書いていきます!

小学0年生案のデメリットを紹介!

ここでは、小学0年生案が実際に行われた場合のデメリットについて書いていきます。

デメリットは、大きく分けて5点あります。

①:入学対象の幅の広さによる不公平感

②:未就学児へのしわ寄せ

③:友達と強制的に離される

④:教育現場への負担

⑤:家庭への費用負担の増加

 

早速、5つのデメリットについて詳しく書いていきます!

 

入学対象の幅の広さによる不公平感

小学0年生の対象になるのは、

2014年4月2日~2015年4月1生まれの年長2015年4月2日~2015年6月1日生まれの年中です。

 

最大1年2ヶ月の成長の差がついた子供が同級生として競争する事になります。

子供の時の、成長の差というのは思っているよりも大きいと思います。

特に、体力の面では大きな差がつくため一緒に競争するにはかなり不利になります。

 

4月に入学した後、約5ヶ月同等に学ぶとしてもこの差は大きなデメリットの1つです!

 

未就学児へのしわ寄せ

2つ目のデメリットは、未就学児へのしわ寄せです。

今回の、小学0年生案は、日本が9月卒入学へ移行する為の案なのですが実際に影響を受けるのは新しく小学校へ入学する子供達です。

 

特に、2015年4月2日~2015年6月1日生まれの年中の子供達は本来まだ入学する予定ではない子供達なので親御さんも含めて準備が出来ていないのが現状だと思います。

また、本来行われる予定の、同級生の年中さんとの行事等が失われる可能性もあります。

 

この様に、未就学児と、未就学児の親御さんへのしわ寄せが大きなデメリットの1つです。

 

友達と強制的に離れさせられる

3つ目のデメリットは、友達と強制的に離れさせられる事です。

対象は、

2014年4月2日~2015年4月1生まれの年長2015年4月2日~2015年6月1日生まれの年中です。

繰り上げて、同学年にされる為、本来卒業する時期ではない時に卒業をさせられる為に、今まで一緒に遊んできた友達と離されてしまいます。

 

この問題は、子供の心の問題にも影響してしまう恐れがあるのでもっと、慎重に検討されるべきデメリットの1つです。

大人の事情だけで、子供が犠牲になるのは避けてほしいです!

教育現場への負担

4つ目のデメリットは、教育現場への負担増加です。

本来、小学0年生というカリキュラムは存在しない為、決まった勉強方法や、誰が担当するか等の問題が山積みなのが現状です。

 

約5ヶ月とはいえ、本来の教育カリキュラム外の授業と、教室、先生の準備等、具体的な方法は、国から明示される事はなく現場に一任される事が予想されます!

 

この、具体策無き現場への負担増は大きなデメリットの1つです。

 

家庭への費用負担の増加

5つ目のデメリットは、家庭への費用負担の増加です。

本来の教育過程の、6年から6年5ヶ月になる為、5ヶ月分の費用が単純に増える計算になります。

 

また、繰り上げ予定の子供達の親御さんは、1年繰り上げで入学する事になる為、準備するお金の面で予定外になる事が予想されます。

 

この様に、対象になる子供の親御さんへの費用負担が大きなデメリットの1つです。

スポンサーリンク

小学0年生案のメリットとデメリットの比較!

ここでは、今回の小学0年生案のメリットとデメリットの比較を書いていきます。

メリットとして、

  • 学生のグローバル化に対応出来る!
  • 休校期間の教育の空白を埋める事が出来る!
  • 真冬の受験シーズンを避ける事が出来る!
  • 友達を作る機会が増える!
  • 学校に馴染む期間が増える!

が上げられます。

メリットの多くは、幅広い学生達が直近を含めた将来的な恩恵を受ける事柄が多いです。

 

次に、デメリットは、

  • 入学対象の幅の広さによる不公平感
  • 未就学児へのしわ寄せ
  • 友達と強制的に離される
  • 教育現場への負担
  • 家庭への費用負担の増加

が上げられます。

 

こちらは、主に対象となる未就学児と、未就学児の親御さんへのデメリットが多いのが特徴です。

子供達への心の負担や、親御さんの予定外の支出等、4月卒入学から9月卒入学への移行に起こる弊害のしわ寄せが一部に集中している様に感じます。

 

メリットとデメリットを比較した場合、デメリットを受ける人が一部に偏ってしまうのが一番の問題点だと思います。

また9月移行で受けるメリットはもちろんあるので、個人的には一部の人へしわ寄せが集中しない様にする為、9月卒入学に移行するにあたって、

1年という短いスパンで5ヶ月の空白を埋めるのではなく長いスパンで徐々に移行していくのが望ましいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、小学0年生案についてメリットとデメリットについて書いていきました。

 

メリットとしては、

  • 学生のグローバル化に対応出来る!
  • 休校期間の教育の空白を埋める事が出来る!
  • 真冬の受験シーズンを避ける事が出来る!
  • 友達を作る機会が増える!
  • 学校に馴染む期間が増える!

が上げられます。

 

デメリットは、

  • 入学対象の幅の広さによる不公平感
  • 未就学児へのしわ寄せ
  • 友達と強制的に離される
  • 教育現場への負担
  • 家庭への費用負担の増加

が上げられます。

 

メリットとデメリットを比較した時に、どちらにも良い面と悪い面があるのですが、特に一部の子供や親御さんにしわ寄せが行ってしまう現状の案は個人的にはあまりおすすめできません!

可能ならば、一気に空白の5年を埋めるのではなく、徐々に9月入卒体制に移行してほしいです。

 

今回も、最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

また、皆さんに喜んでいただける記事を書いていくので是非、また見に来て下さい!

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました